スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
勝本浦ば語ろう会・九州大の学生たちと漆喰塗り
 
こんばんは! 大変ご無沙汰しております。日曜日2の森田です。

さて、もう2月に入りますが、昨年末にやった活動をアップしたいと思います。



まずは、「勝本浦ば語ろう会」。着地型観光会議になります。 場所は、旧つたや旅館の2階をお借りして行っています。壱岐、勝本浦の漁村で今後なにができるのか、何をやっていったら町に人がやってくるのかを真剣に話し合おうと、10月から開始しました。講師に季刊誌「九州のムラへ行こう」の編集長養父信夫氏、ファシリテーターに南氏に来て頂き、指導してもらっています。



写真は、11月末の第2回目の様子。出席者の地元の方に地元で売りになるもの、いろいろとあげてもらい、発表してもらっています 知っていることでも再認識することが大事とのこと。



写真は、九州大学大学院生の井上くん。漆喰塗りをしています。以前に「合同会社五穀豊穣」の西居さんと私で九州大学に行き、農村六起プレミアムインターンシップの出張講座をしてきました。その時に来ていた学生さんたちが「旧つたや旅館」の改修を手伝いに壱岐勝本浦まで来てくれました。
これは、押入れの壁。まずは、見えなくなるところで練習。でもかなり上手にできています



夜は、町並みガイドの松崎さん、壱岐の蔵酒造の杜氏原田さんを呼んで、学生たちと懇親会
それぞれ専門分野は違うけど、地域の町おこしに興味があり、活動をしています。



次の日の帰る前に、壱岐の蔵酒造の工場見学。酵母菌の説明を熱心に聞いています。



みんなでもろみをかき混ぜる。



これは、近所の勝本小学校の2年生の課外授業。いつも遊びにくる二人ですが、いつもより行儀がいい。私が返答したことをしっかり記入しています。



季刊誌「九州のムラへ行こう」の取材人が壱岐の蔵酒造(原田酒造)の土蔵の中を撮影しに来ました。



私も便乗して、撮らせてもらいました!!お酒が入っていた瓶。今、私が住んでいるつたや旅館の名前がはいった瓶も土蔵の中にありました!!



12月15日は、同じ公民館の方たちと聖母宮に行ってきました。毎年ある儀式。当番制で、今年は私たちの公民館の番だそう。



小神楽を見ることができました。壱岐の神楽は、国の無形文化財に登録されています。



お世話になっている漁師の徳光さん。アジのみりん干しを干してあるところを見せてほしいといったら、付いてこんねって、ドア開けっ放しで走っていく



アジのみりん干し。



写真は、つたや旅館前のベンチ。これを学校から帰ってきた子供たちが修理しています。



みんな楽しそうにやっております。錆びた釘を抜いています。そしてビスで固定。



仕上げは、ペンキ。 4日間、それぞれ1時間ずつでおわりました。
みんなでワーワー言いながらやると改修が本当に楽しくできますみんなありがとう!!


- comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRY
PROFILE
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-アシタバブログへの想い-
農業と地域活性に携わる若手ビジネスパーソン9人による、情報発信ブログ!同世代の方々に農業と地域活性の体験をシェアし、「今日はパンじゃなくご飯」、「今日は外国産じゃなく国産」、「休みは海外じゃなく農村」といったように、私達の体験を通して、農業と地域活性の面白さ、素晴らしさ、また今すぐ行動しなければならない現状を知っていただき、自分の行動に移していただけるようなワクワクするブログ。 「アシタバ」とは、生命力の強い明日葉のように、積極的に行動し、明日の自分の場づくりをしていけるようなブログにできればという想いをこめた名前です!

-アシタバブログ Twitter-