スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
稽古めぐり
 こんにちは!

沖縄からタオファクトリーの比屋根です。

またまた、週明けの更新となってしまい、すみません汗


先週末土曜日は、沖縄北部に位置する伊平屋島という離島と金武町の二箇所で行われている舞台稽古へ行ってきました〜!!

伊平屋島は前日の金曜日から一泊二日の工程で稽古に参加したのですが、まず目に飛び込んできたのは、とても綺麗な青い海☆
一気にテンションが上がっちゃいました!


2011-07-09 12.47.14.jpg

2011-07-09 12.46.58.jpg

2011-07-08 16.49.26.jpg

ちょっと観光気分で島の海を眺めつつ、稽古場へと向かうと、そこではとても元気でうーまくー(わんぱく)な子どもたちが出迎えてくれました♪

2011-07-09 09.03.21.jpg

初対面な僕だったのですが、子どもたちからいきなり「鬼ごっこやろ〜!にぃにぃが鬼ね!!」と何とも強制的に鬼ごっこに参加することになり、すぐ馴染むことができました(笑)

この伊平屋島という島には高校がなく、学校は中学校までしかありません。
中学校では部活動などが盛んで、稽古に参加しているのは幼稚園児から小学生が主です。

島も小さく島内での信号と言えば、中学生の子どもたちが島を出た時に苦労しないようにと港の前の交差点に設置されたもので一箇所しかありません。

そんな小さな島ですが、参加している子どもたちは50名を超えます。見たまんまの根っからの島っ子ばかりで、稽古中は常に笑い声や叫び声(?)に似た奇声もちらほら聞こえてきます(笑)

2011-07-09 11.24.11.jpg

2011-07-09 11.23.28.jpg

2011-07-09 11.22.20.jpg

2011-07-09 09.43.36.jpg

この伊平屋島には、屋蔵大主(さめかわうふぬし)という歴史上の人物が実在していたのですが、この屋蔵大主は琉球を統一した尚巴志(しょうはし)王の祖父と言われています。
また、伊平屋島は「てるしの」の島とも呼ばれており、この「てるしの」とは、太陽神を表す古語で、天照大神が訪れたという伝説からきているそうです。

そんな、神秘的な伝説や歴史が色づく島で、子どもたちはこの島の偉人である屋蔵大主やその子孫を題材にした現代版組踊舞台に挑戦します。

舞台は今月7月の23日と10月15日にそれぞれ30分バージョンと1時間バージョンとで行われますので、観光などで沖縄を訪れる方は是非一度伊平屋島に足を運んでみてください☆

稽古を終え島を離れる順ギをすると、子どもたちが「次はいつ来るの?明日また来てよ〜!」と声をかけてくれました。

今度またいつ来れるのか今はまだわからないけど、このうーまくーな子どもたちに会うために、また伊平屋島に行きたいと思います!

2011-07-09 12.14.06.jpg

2011-07-09 10.51.40.jpg

2011-07-09 12.15.07.jpg


伊平屋島をあとにし、一度うるま市へ戻った後に今度は金武町の稽古に参加してきました!!
こちらでは、沖縄から初の海外移民を成し遂げた當山久三(とうやまきゅうぞう)という偉人を題材にした舞台を手掛けています。
今年は、なんと5年1度開催される世界のうちなーんちゅ大会があります。
このうちなーんちゅ大会とは世界中に散らばった沖縄県系人が、このイベントのために沖縄に帰ってきて、それを本島にいる県人たちが歓迎するイベントなのです。
現在大勢の移民された県系人がいますが、その中でも初めて海外移民を成し遂げた當山久三はやはり特別な存在なんだと思います。

こんな地元に誇れる偉人がいて、そしてその偉人にまつわる大きなイベントが今年の10月にあるんだ!だからそこで、舞台をやるみんなは今までよりももっと気を引き締めないといけないよ。と子どもたちに話すと、「うわ〜えらいことになったな〜」という表情や「本当に自分たちがそんな大きい舞台できるのかな。。。」というような不安な表情を見せる子がちらほらいました(笑)

普段はあまり主張するタイプではない子どもたちが多い金武の舞台ですが、胸に秘めているこの舞台へかける想いは、他の地域にも負けないくらい熱いものがあります。
あとは、もう少し自分たちの舞台に自信を持って、もっと楽しさを表に出すことができたらな〜と密かに期待しつつ、こちらも本番の舞台に向けて少しずつ盛り上げていきたいと思います!!

2011-07-09 20.48.35.jpg

2011-07-09 20.48.31.jpg

2011-07-09 20.48.14.jpg


この當山久三の移民を成し遂げるまでのエピソードを綴った舞台、「當山久三ロマン〜未来の瞳〜」は今年10月9日金曜日に金武中央公民館にて上演されます。

こちらも是非、チェックしてみてください☆

こうして、色々な地域を回っているとそれぞれの地域で活躍した偉人がいて、その偉人の数だけ沢山の物語があり、その物語や偉人のことをその地域の誇りとして語り継いでいるんだなと感じることができました。
でも、だんだんとそんな地域の歴史や誇りを語り継ぐ人々が少なくなっているのが現状です。
それでも、伊平屋島や金武のようにうまれた土地の根っこを確認することができていれば、自分たちの土地を想い、誇りに想って子供たちは元気成長することができるのではないかと信じています。

僕は、主に沖縄県内の地域を回っているのですが、県外ではどんな偉人たちがいて、どんな物語が語り継がれているのでしょうか。
機会があれば、県外の色々な地域についても目を向けてみたいな〜と思います。

来週末は、今月23日に行われる南風の夢〜アカハチ伝説〜の第3回目の本番前の稽古のため、石垣に渡ります!!
また、元気な八重山っ子に会うのが楽しみです♪



以上、比屋根でした☆

- comments(1)
スポンサーサイト

- -
Comment
すばらしいなあ!

各島々に息づく伝説の偉人達。
それを演じる末裔の子供たち。

演武によって昔と今がつながることがわかるね。
各島の偉人についての本書いてよ!

それも歴史書とか、難しい本じゃなく、
演じる子供からそれらがイメージできる
楽しい本がいいな!



From.西居 豊 2011/07/11 9:33 PM











/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-アシタバブログへの想い-
農業と地域活性に携わる若手ビジネスパーソン9人による、情報発信ブログ!同世代の方々に農業と地域活性の体験をシェアし、「今日はパンじゃなくご飯」、「今日は外国産じゃなく国産」、「休みは海外じゃなく農村」といったように、私達の体験を通して、農業と地域活性の面白さ、素晴らしさ、また今すぐ行動しなければならない現状を知っていただき、自分の行動に移していただけるようなワクワクするブログ。 「アシタバ」とは、生命力の強い明日葉のように、積極的に行動し、明日の自分の場づくりをしていけるようなブログにできればという想いをこめた名前です!

-アシタバブログ Twitter-